1. 住宅購入相談の平澤FP事務所
  2. コラム
  3. 住宅コラムvol.6

住宅コラムCOLUMN

住宅ローンがある世帯の収入と借入額と返済負担率

住宅を購入するとき、他の人はいくらの物件をどの程度のローンで組んでいるのか気になりませんか? 公表されている資料を使って見てみます。

・住宅金融支援機構「フラット35利用者調査報告」

長期固定ローンのフラット35の利用者に限定されます。
世帯年収は年々下がっていますが物件価格は横ばいで、借入金額もほぼ変わりません。
にもかかわらず返済月額が下がっているのは、金利が低下しているからです。

返済負担率(年収に占める返済額の割合)は微減です。
物件によって異なりますが、21~25%に収まっています。


・国土交通省「住宅市場動向調査」

変動金利も固定金利も併せたものです。
変動金利が含まれていることもありますが、借入額そのものが少なくなっています。
そのため返済月額は小さく、返済負担率も20%弱に収まっています。



ちなみに総務省の家計調査から住宅ローン世帯を見たものが表3です。
収入は世帯主と配偶者の合算です。

返済額も返済負担率もやや低く、返済し終わる世帯の増加によって50代前半をピークに返済額が減っていきます。

購入する年齢や収入、物件によっても異なるのは当然ですが、返済負担率の範囲は概ね17~25%のレンジに収まっているようです。 25%の返済負担率を可処分所得に対して計算し直すと30%近くなるので、やや負担感が大きいと言えるでしょう。 この辺りを上限として考え、できるだけ頭金を入れて借入額を下げるのがベストです。頭金が無い場合は別の手段を考えるしかありません。
すなわち、貯まるまで待つ、物件価格を下げる、親から援助してもらう、の3つのいずれかということになります。

前のコラム

次のコラム

コラム一覧

  • お問い合わせ・ご相談申込み
  • お客様の声
  • セミナー情報
  • コラム

住宅購入と資産形成に役立つブログ

PAGE TOP