1. 住宅購入相談の平澤FP事務所
  2. コラム
  3. 住宅コラムvol.8

住宅コラムCOLUMN

住宅ローンを決める3つの要素、借入額・金利・期間について

住宅ローンを決めるのは借入額、金利、期間の3つの要素です。

3,500万円を借りた場合、どの位のインパクトがあるか検証してみます。 変動金利と固定金利、それぞれで見ていきましょう。

①金利
 (35年返済の場合、金利が+0.1%大きくなった場合)
 変動:0.725%→0.825% 利息は+67万円
 固定:2.25%→2.35%  利息は+78万円

②期間
 (借入期間が1年(34年から35年)増えた場合)
 変動:金利0.725%のとき、利息は+16万円
 固定:金利2.25%のとき、利息は+49万円

③借入額
 (35年返済で借入金額を+100万円(3,500万円から3,600万円)増やした場合)
 変動:金利0.725%のとき、総返済額は+113万円(うち利息は+13万円)
 固定:金利2.25%のとき、総返済額は+145万円(うち利息は+45万円)


まず金利ですが、0.1%でも総返済額は大きく変わることがわかります。 変動と固定では同じ返済額・同期間でも、金利が変わらなければ変動の方が総返済額が少なくなっています。 金利はローンに大きな影響を与えますが、変動金利を選ぶ場合、総返済額は完済まではわかりませんので、リスクを踏まえたうえで選択する必要があります。

次に期間を見てみます。借入時に期間を短くすると総返済額は下がりますが、毎月の返済額は上昇します。 きちんと返済していくためには無理のない月返済額を設定し、借入期間を長くして期間短縮型の繰上返済で計画的に返済するのが一般的です。

そして借入額を100万円増やした場合です。金利が低ければ利息は大きく増えないことがわかりますが、自己資金をしっかり用意したうえローンを組むことが大切です。 とはいえ、借入額を下げるために無理をし過ぎて必要な手元の現金も減らしてしまわないよう、計画的な自己資金の用意が必要です。

前のコラム

次のコラム

コラム一覧

  • お問い合わせ・ご相談申込み
  • お客様の声
  • セミナー情報
  • コラム

住宅購入と資産形成に役立つブログ

PAGE TOP