1. 住宅購入相談の平澤FP事務所
  2. コラム
  3. 年金・老後資金コラムvol.2

年金・老後資金コラムCOLUMN

老後に必要なお金はどのくらい?

退職後の生活費がくいくら位必要か考えたことがありますか?

平成23年の総務省の家計調査によると、退職前の50~59歳の可処分所得(手取り収入)は月額46.8万円、消費支出は月額34.5万円です。

46.8万円-34.5万円=12.3万円
黒字ですね。

総務省の平成23年家計調査では、退職後の高齢無職世帯の可処分所得は19.2万円、消費支出は23.5万円です。

19.2万円-23.5万円=▲4.3万円
赤字ですね。

年金をもらっても赤字になるということは、貯蓄を取り崩していく生活に変化するということを意味します。

では老後は何年続くのでしょうか?
60歳時点の平均余命(平成23年)を見るとこうなります。
男性:22.70年
女性:28.12年

25年で計算みましょう。
不足額:▲4.3万円×12か月×25年=▲1,290万円
これは最低限の生活をおくった場合になりますね。

現役時代の生活を続けると、生活費の月額は34.5万円です。
19.2万円-34.5万円=▲15.3万円
▲15.3万円×12か月×25年=▲4,590万円

生活水準をどのように想定するかで、必要な貯蓄額は変わってきます。
もちろん退職金も影響します。
人は意識しないと、収入が減ってもなかなか生活水準を落とすことができません。
反対に、収入が上がるとその分だけ支出が増える傾向にあります。

年金はいくらもらえるのか?
退職金はいくらもらえるのか?
老後の生活費はどのようになるのか?
まずはこういったことを把握することが大切です。

前のコラム

次のコラム

コラム一覧

  • お問い合わせ・ご相談申込み
  • お客様の声
  • セミナー情報
  • コラム

役に立つマネー情報ブログ

PAGE TOP