1. 住宅購入相談の平澤FP事務所
  2. コラム
  3. 年金・老後資金コラムvol.6

年金・老後資金コラムCOLUMN

平均余命で考える老後

FPは、キャッシュフローを作成する際に平均余命を使います。
最近では人生90年時代と言われていますが、実際はどうなっているのでしょうか?

平均余命のほかに、平均寿命があります。
平均寿命:新生児が平均的に生きられる年齢
平均余命:ある年齢から平均的に生きられる年齢
定義はこのとおりです。

平成23年の簡易生命表によると、平均寿命は以下のとおりです。
男性:79.44歳
女性:85.90歳

そして老後の期間を計算するときには60歳時点の平均余命を使います。
男性:22.70年・・・82.70歳
女性:28.12年・・・88.12歳

さてここで考えてみましょう。
平均は、あくまで平均です。
平均余命は、ある年齢の人の余命をその年齢の人数で平均(加重平均といいます)しているため、その年齢で亡くなる人が相対的に少ないうちは、若くなる傾向があります。

ちょうど半数が生存する(半数が亡くなる)と予測される年齢を寿命中位数といいます。
男性:82.55歳
女性:88.98歳
平均寿命を上回っていますね。

寿命中位数までは半分の人が生きるということですから、長い老後を想定した「長生きリスク」に備えるのは不可欠と言えますね。
ちなみに生存する人の割合は、5歳ごとに区分すると以下のとおりです。
70歳: 男80.7%  女90.27%
75歳: 男71.9%  女85.9%
80歳: 男58.7%  女78.3%
85歳: 男40.7%  女65.4%
90歳: 男21.3%  女45.4%
95歳: 男7.2%   女22.1%
100歳: 男1.2%   女6.0%

男性は5人に1人が、女性はほぼ2人に1人が90歳まで生きるという統計です。
冒頭の人生90年時代は、「仰るとおりです」ということになりますね。

これだけ長い老後の時間をプランニングするのは、早いに越したことはありません。
50歳でも間に合いますが、30歳でも40歳でも、決して早くありませんね。

前のコラム

次のコラム

コラム一覧

  • お問い合わせ・ご相談申込み
  • お客様の声
  • セミナー情報
  • コラム

役に立つマネー情報ブログ

PAGE TOP